Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年12月もオートラン悪用とオンラインゲームねらいの攻撃が続く

キヤノンITソリューションズは、2008年12月にESETがマルウェア追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したウイルスの状況を発表した。

12月もWindowsのオートラン機能を悪用する「INF/Autorun」が10.65%を占め、前回同様に首位をキープ。多くのマルウェアが感染手段としてオートラン機能を利用していることから大量に検知されているとESETでは分析している。

続く2位は、オンラインゲームのパスワードを盗む「Win32/PSW.OnLineGames」で6.84%だった。今回は占める割合こそ前月調査より減少したが、流通量については減少傾向になく、これら上位2種は登場から1年以上」を経過しながらも大量に検知されているという。

大きな動き見せたのは、WindowsのServerサービスに存在する脆弱性「MS08-067」を攻撃するワーム「Win32/Conficker」で、63位から3位へ大幅にランキングがアップした。同ワームはアドウェアをダウンロードしたり、HTTPサーバを起動するが、ウクライナ語のPCには感染しないという。

同社が公表したマルウェアランキングは以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/PSW.OnLineGames
3位:Win32/Conficker
4位:Win32/Agent
5位:Win32/Toolbar.MywebSearch
6位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec.Gen
7位:Win32/Pacex.Gen
8位:Win32/Adware.Virtumonde
9位:Win32/AutoRun.KS
10位:Win32/Patched.BU

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍