Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性なくても危険な「WORM_DOWNAD.AD」がまん延 - トレンドまとめ

トレンドマイクロは、同社のウイルストラッキングセンターが1週間に検知したウイルスの感染状況について取りまとめた。

同社のランキングよれば、ワールドワイド、国内いずれもUSBメモリなどリムーバブルメディア経由で感染する「MAL_OTORUN2」が活発な状況を示しているという。一方国内では、WindowsのServerサービスで見つかった脆弱性「MS08-067」に対して攻撃を行うワーム「WORM_DOWNAD.AD」が2位に入った。

同ワームは、2008年11月に国内ではじめて検知されたもので、脆弱性を狙うだけでなく、パスワードを推測して攻撃するほか、USBメモリ経由でも感染が広がる。同社は、企業を中心に被害が拡大しているとして、注意を呼びかけている。同社が1週間のまとめたランキングは以下のとおり。

国内のウイルス被害(1月12日から1月18日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:WORM_DOWNAD.AD
3位:MAL_OTORUN1
4位:CRYP_FAKEAV-9
5位:TROJ_VUNDO.ANL
6位:WORM_DOWNAD.A
7位:POSSIBLE_HIFRM-5
8位:MAL_HIFRM
9位:TROJ_GAMETHI.XZY
10位:MAL_OTORUN

全世界の被害報告(1月14日から1月20日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:POSSIBLE_VUNDO11
3位:MAL_OTORUN1
4位:POSSIBLE_VUNDO13
5位:POSSIBLE_VUNDO-6
6位:MAL_VUNDO-8
7位:CRYP_TAP-6
8位:TROJ_REFPRON.E
9位:MAL_VUNDO-6
10位:POSSIBLE_HIFRM-5

(Security NEXT - 2009/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移