Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版「iWork 09」にトロイの木馬 - すでに2万人以上が入手

Integoは、Macへ感染するトロイの木馬「Trojan Horse OSX.Trojan.iServices.A」が含まれた「iWork 09」の海賊版が出回っているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、インターネットを通じて出回っている海賊版には、製品にない「iWorkServices.pkg」というパッケージが含まれているという。インストールした場合、管理者のパスワードなどが求められ、rootの読み書き権限を持つ起動項目としてインストールされる。

感染した場合、リモートサーバへ接続し、外部からMacを操作されるおそれがあるとして同社は危険性が高いと指摘。トロイの木馬には追加コンポーネントをダウンロードする機能も備えている。

同社では、すでに少なくとも2万人がダウンロードしていることを確認しており、出所が信用できないソフトウェアを利用しないよう警告を発している。

(Security NEXT - 2009/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
通販サイトかたるメールに注意 - マルウェアサイトへ誘導
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得