Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で広告申込者のアドレスが流出 - 横浜市

横浜市の共創推進事業本部においてメールの誤送信が発生し、同市サイトのバナー広告に申し込んだ9人のメールアドレスなどが流出した。

誤送信が発生したのは、2008年度に同市サイトのトップページバナー広告へ申し込み、掲載された9人に対し送った連絡メール。1月19日に送信した際、送信先を誤って「CC」に設定したため、9人のメールアドレスや一部氏名が他受信者から確認できる状態となった。

職員が送信直後に気付き、対象者にメールで謝罪するとともに誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
メール誤送信でボランティア協力者のメアド流出 - ハンガー・フリー・ワールド