Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で広告申込者のアドレスが流出 - 横浜市

横浜市の共創推進事業本部においてメールの誤送信が発生し、同市サイトのバナー広告に申し込んだ9人のメールアドレスなどが流出した。

誤送信が発生したのは、2008年度に同市サイトのトップページバナー広告へ申し込み、掲載された9人に対し送った連絡メール。1月19日に送信した際、送信先を誤って「CC」に設定したため、9人のメールアドレスや一部氏名が他受信者から確認できる状態となった。

職員が送信直後に気付き、対象者にメールで謝罪するとともに誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信