Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアランキングに大きな変動なし、トロイの木馬が活発 - ソフォスまとめ

ソフォスは、同社の研究機関である「SophosLabs」が2008年12月に検知したウイルスの状況などを取りまとめ、公表した。

同社が検知したマルウェアのトップ10に大きな動きはなく、上位4位までは前月と変わらず。1位の「Mal/ObfJs」はマルウェアをダウンロードするウイルスで、全体の43.7%を占めるなど依然として活発だった。

次いで「Mal/BadSrc」が32.9%、「Mal/Iframe」が13.4%と続いた。また、同社が発行したアップデートのマルウェア種類別比率を見ると、トロイの木馬が68%で半数以上だった。

同社が検知したウイルストップ10は以下のとおり。

1位:Mal/ObfJs
2位:Mal/BadSrc
3位:Mal/Iframe
4位:Troj/Fujif
5位:Troj/Decdec
6位:Troj/Unif
7位:Mal/Pysme
8位:JS/Redir
9位:JS/ApndIfra
10位:Mal/FakeAvJs

(Security NEXT - 2009/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業