Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

老人介護保健施設でファックスの誤送信が発生 - 横浜市

横浜市は、介護老人保健施設「コスモス」において、ファックスの送信ミスにより個人情報が漏洩したと発表した。

同施設は、横浜市立脳血管医療センターに併設され、ジャパンメディカルアライアンスが管理している介護保健施設。1月13日に地域ケアプラザへ、利用者の個人情報を記載した「短期入所療養介護利用申し込み決定通知」をファックスする際、関係ない別人へ誤送信した。

送付した資料には、氏名や生年月日、年齢、性別、電話番号のほか、要介護度、医療管理の有無なども記載されており、ミス発生当日にファックスの受信者より連絡を受け、問題が判明した。

横浜市によれば、通常はファックス送信の際、2人で番号を確認して送付することになっていたが、当日は1人で送付していたという。同施設では翌日に個人情報が漏洩した関係者へ謝罪。また受信者に対しても連絡を受けた際に謝罪しており、ファックスの回収を行っている。

(Security NEXT - 2009/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市