Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフィルタリングソリューション「InterSafe」が仮想化環境に対応

アルプスシステムインテグレーションは、同社のウェブフィルタリング製品「InterSafe」の仮想化対応ソリューションを1月より提供開始すると発表した。

「InterSafe」は、企業向けに提供されているウェブフィルタリングソリューション。URLフィルタリングによる不正サイトへのアクセスや外部サイトへの書き込みによる情報漏洩などを防止できる。

今回、VMwareによる仮想化環境へ対応したもので、他環境と同一ハードウェア上で運用することによるリソースの節約を実現。また冗長環境の構築や利用者ごとに複数の環境を用意する必要があるASP事業者など、仮想化環境のメリットを享受できる。

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
カスペルスキー、仮想化環境向けにセキュリティ対策製品
日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション
クラウド動作のアプリ画面を転送するサービス - NTTコム
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
フォーティネット、VMware NSX向け仮想アプライアンスをリリース
カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版
カスペとアクロニス、仮想化環境向けセキュリティとバックアップのパッケージ