Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュアのLinux向けセキュリティ対策製品が「TLAS 3.0」に対応

エフセキュアは、同社のLinux向けセキュリティ対策製品が、サーバ管理ソフト「Turbolinux Appliance Server 3.0」に対応したと発表した。

「TLAS 3.0」は、オープンソースの管理ツール「BlueQuartz」を搭載したアプライアンスサーバ。ウェブやメール、DNSなどサーバ環境をGUIで構築、運用できる。

今回対応したのは、「エフセキュアLinuxセキュリティ」のフルエディションおよびコマンドラインエディション、「エフセキュア アンチウィルスLinuxゲートウェイ」の3製品で、他システムとの一元管理を実現した。

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC