Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュアのLinux向けセキュリティ対策製品が「TLAS 3.0」に対応

エフセキュアは、同社のLinux向けセキュリティ対策製品が、サーバ管理ソフト「Turbolinux Appliance Server 3.0」に対応したと発表した。

「TLAS 3.0」は、オープンソースの管理ツール「BlueQuartz」を搭載したアプライアンスサーバ。ウェブやメール、DNSなどサーバ環境をGUIで構築、運用できる。

今回対応したのは、「エフセキュアLinuxセキュリティ」のフルエディションおよびコマンドラインエディション、「エフセキュア アンチウィルスLinuxゲートウェイ」の3製品で、他システムとの一元管理を実現した。

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション