Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュアのLinux向けセキュリティ対策製品が「TLAS 3.0」に対応

エフセキュアは、同社のLinux向けセキュリティ対策製品が、サーバ管理ソフト「Turbolinux Appliance Server 3.0」に対応したと発表した。

「TLAS 3.0」は、オープンソースの管理ツール「BlueQuartz」を搭載したアプライアンスサーバ。ウェブやメール、DNSなどサーバ環境をGUIで構築、運用できる。

今回対応したのは、「エフセキュアLinuxセキュリティ」のフルエディションおよびコマンドラインエディション、「エフセキュア アンチウィルスLinuxゲートウェイ」の3製品で、他システムとの一元管理を実現した。

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC