Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム対策製品「SpamSniper PE 2009」 が登場 - 10種類のフィルタを装備

コベックは、10種類のフィルタ機能を搭載したコンシューマーや小規模企業向けスパム対策ソリューション「SpamSniper PE 2009」を発表した。1年間無料で利用できる体験版も用意されている。

同製品は、本文のキーワードやURLをはじめ、ウイルスや画像スパム、学習機能、RPDフィルタなど、10種類のフィルタを備えたスパム対策製品。ホワイトリストやブラックリストなど個人用のフィルタをIDごとに1000件まで設定することが可能。

スパム判定のほか、スパム定義ファイル、フィルタの更新作業をサーバ側で行い、クライアントPCの負荷を軽減している。法人向けライセンスでは、アカウントの管理や利用者の使用状況の集計にも対応した。

また同社では1年間無料で利用できる体験版を用意しており、ダウンロードにより提供している。

(Security NEXT - 2009/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開