Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo! Japan」の利用者狙ったフィッシング詐欺が発生

フィッシング対策協議会は、1月に入り「Yahoo! Japan」を偽装したフィッシング攻撃を確認したとして注意を呼びかけた。

問題のフィッシングメールは、Yahoo!オークションの利用者を狙ったもので、引き続きサービスを利用するにはユーザーアカウントの更新手続きが必要として、同社のカスタマーセンターやサービスセンターを名乗りフィッシング詐欺サイトへ誘導、個人情報を詐取するという。

同協議会では、2種類のフィッシング詐欺サイトを確認しており、いずれも国内に設置されていたが、すでに閉鎖されている。

(Security NEXT - 2009/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か