Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo! Japan」の利用者狙ったフィッシング詐欺が発生

フィッシング対策協議会は、1月に入り「Yahoo! Japan」を偽装したフィッシング攻撃を確認したとして注意を呼びかけた。

問題のフィッシングメールは、Yahoo!オークションの利用者を狙ったもので、引き続きサービスを利用するにはユーザーアカウントの更新手続きが必要として、同社のカスタマーセンターやサービスセンターを名乗りフィッシング詐欺サイトへ誘導、個人情報を詐取するという。

同協議会では、2種類のフィッシング詐欺サイトを確認しており、いずれも国内に設置されていたが、すでに閉鎖されている。

(Security NEXT - 2009/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ