Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約者と利用者の年齢ギャップに対応する「利用者登録制度」 - KDDI

KDDIと沖縄セルラーは、au携帯電話の契約者と利用者が異なる場合、利用者の氏名と生年月日を登録する「利用者登録制度」を2月9日より実施する。

同制度では、子供が利用する携帯電話を親が申し込んだ場合など、契約者と利用者が異なる際に氏名と生年月日を登録。利用者の年齢に応じたサービスの提供を実現し、利用者の年齢により「EZ安心アクセスサービス」や年齢制限が設けられたコンテンツへのアクセスを防止する。

また、携帯電話で購入した商品の代金を利用料金と一緒に支払える「まとめてau支払い」の利用限度額が年齢に応じて設定されるなど、未成年者が安心して携帯電話を利用できる環境をサポートする。

(Security NEXT - 2009/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
iOS限定のフィッシング攻撃? - ゲームの「クーポンプレゼント企画」に偽装
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
au携帯電話でGoogleやYouTubeに一時接続しにくい状態に - すでに復旧、原因は調査中
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ