Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TCP/IPの脆弱性検証ツールを機能強化、報告書も改訂 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2月より提供している「TCP/IP」の脆弱性検証ツールについて機能を強化し、開発者向けにCD-ROMの無償貸し出しを開始した。あわせて脆弱性の解説資料についても改訂している。

同ツールは、インターネットで利用するプロトコル「TCP/IP」を実装したソフトウェアの脆弱性を体系的に診断することができるソフトウェア。IPv4およびIPv6環境において、それぞれ19項目、5項目の診断に対応しており、脆弱性を判断するための確認ガイドを用意している。

今回の機能拡張では、IPv4環境における「IPヘッダオプションのデータ長が0のパケットの問題」、IPv6環境の「十分に小さい分割パケットがフィルタリングをすり抜ける問題」など検証できる脆弱性を追加した。

また同機構では、一般に公表されている脆弱性を解説した「TCP/IPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」の改訂第4版をあわせて公開している。

(Security NEXT - 2009/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
IPA、IoT機器の「高信頼化」に向けた開発手引書を書籍化 - 無償のPDF版も
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
制御システムのセキュリティを自己評価できる無償ツール「J-CLICS」
IPA、他社比較の可能な無償のセキュリティ自己診断ツールを更新
無償で利用できるサイト脆弱性検出ツールを解説 - IPA
攻撃アラートシステム「DAEDALUS」が「産学官連携功労者表彰」を受賞
JNSAの「情報セキュリティ理解度チェック」の利用者が10万人を突破
「Windows 10」への無償UG通知、辞退ボタンを用意