Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TCP/IPの脆弱性検証ツールを機能強化、報告書も改訂 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2月より提供している「TCP/IP」の脆弱性検証ツールについて機能を強化し、開発者向けにCD-ROMの無償貸し出しを開始した。あわせて脆弱性の解説資料についても改訂している。

同ツールは、インターネットで利用するプロトコル「TCP/IP」を実装したソフトウェアの脆弱性を体系的に診断することができるソフトウェア。IPv4およびIPv6環境において、それぞれ19項目、5項目の診断に対応しており、脆弱性を判断するための確認ガイドを用意している。

今回の機能拡張では、IPv4環境における「IPヘッダオプションのデータ長が0のパケットの問題」、IPv6環境の「十分に小さい分割パケットがフィルタリングをすり抜ける問題」など検証できる脆弱性を追加した。

また同機構では、一般に公表されている脆弱性を解説した「TCP/IPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」の改訂第4版をあわせて公開している。

(Security NEXT - 2009/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
総務省、2019年版「情報通信白書」を発行 - 電子書籍やアプリでも
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
IPA、IoT機器の「高信頼化」に向けた開発手引書を書籍化 - 無償のPDF版も