Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアもマッシュアップされる2009年 - メッセージラボ予測

メッセージラボジャパンは、2009年のセキュリティ脅威予測を発表した。2008年は、マルウェアやスパムの技術が大きな進化を遂げたが、2009年にはさらにこうした動きが加速すると予測している。

同社では、2009年の注目すべき脅威のトップとして、Web2.0の普及によりマルウェアのマッシュアップ化が進むと予測。また2位にはSNSを標的にしたフィッシングを挙げており、収集した個人情報を悪用した攻撃など技術の高度化を懸念している。

さらに対抗技術の開発による「CAPTCHA」破りや、脆弱なDNSドメインやウェブサイトに対する攻撃の増加、ボットネットの復興などを挙げている。また2009年には、クラウドベースの環境をターゲットにした脅威がより深刻になると分析している。

(Security NEXT - 2009/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ