Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の伝票綴りを紛失、誤廃棄の可能性 - 中南信金

中南信用金庫の中井支店において、顧客情報330件が記載された入金伝票綴りの紛失が判明した。

所在が不明になっているのは、2007年11月30日分の入金伝票綴り1冊。顧客の氏名、口座番号、取引金額のほか、新規に口座を開設した顧客の氏名、住所、電話番号、勤務先など、顧客情報330件が記載されていた。

同金庫によれば不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高く、外部へ流出したおそれは低いとしており、外部からの問い合わせも確認されていないという。

(Security NEXT - 2009/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀