Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラッキングツールの流行や標的型攻撃の発生を懸念 - フォーティネット

フォーティネットジャパンは、標的型攻撃やクラッキングツールの提供拡大など、2009年におけるセキュリティ脅威の動向予測を発表した。

同社によれば、2008年は偽セキュリティ対策ソフト以外のマルウェアが減少。カスタマイズされたマルウェアによる標的型攻撃が主流へと変化しており、2009年大企業や政府機関に対する計画的な攻撃が中心になるという。

サイバー犯罪に対して各国で法規制など対策が進むものの、効果が現れるのはまだ先で、犯罪組織によるボットネットやSNSサービスの提供が拡大し、アフィリエイトプログラムなどを通じてスクリプトキディに対してクラッキングツールが提供されるなどサイバー犯罪組織の活動が加速するとしている。

また携帯電話市場についても攻撃も広がりを見せるようだ。オーディオや映像などサービスが拡充するにつれて、ウイルス感染の危険やサイバー攻撃の可能性が増加し、対策が求められると同社では見ている。

企業では、こうしたネットワーク上の脅威を防ぐため、引き続き対策を取る必要があるが、PCI DSSなどの登場によりセキュリティの要求事項に変化が現れている。現在のネットワークゲートウェイにおけるセキュリティ対策が不十分になり、製品の選定基準に変化が発生。低コストながらもネットワークを防御できる統合的なアプライアンス製品が多数投入される見通しを示した。

そのほか、SNSやSaaSなどWeb2.0を狙った攻撃の増加により、企業においてウイルス対策の必要が出てくるほか、オンラインゲームのユーザーを狙い、個人情報を盗み出すトロイの木馬が発生しており、こうした攻撃は今後も続くという。

(Security NEXT - 2009/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ