Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茨城県のウェブサイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

茨城県霞ケ浦環境科学センターのウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。

1月5日に茨城県霞ケ浦環境科学センターのウェブサイトで提供している「市民団体データベース」「論文データベース」「図書検索」「水質マップ」「自然観察帳」において内容が改ざんされたもの。

同サイトを運営する委託先事業者より同県へ1月5日8時45分ごろに改ざん被害の報告があり、9時45分に直接影響がある問題ページの提供を中止。18時45分にサイト全体を停止した。不正サイトへ誘導するよう改ざんされており、12月13日ごろに犯行が行われたと見られている。

同県によれば、改ざんされたページを閲覧した場合、ウイルス「TSPY_ONLING.HI」「TROJ_AGENT.AGTU」に感染するおそれがあった。6日時点で被害の報告は受けていないという。

同県では心当たりがある利用者に対してセキュリティ対策ソフトによるウイルスの検知や駆除を求めている。また同県では、安全が確認でき次第、同サイトの提供を再開する見込み。

http://www.pref.ibaraki.jp/

(Security NEXT - 2009/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始