Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA職員による情報漏洩事故、以前に勤めた企業の業務情報が流出

情報処理推進機構(IPA)は、同機構職員の私用パソコンから、2008年12月にファイル共有ソフトを通じて情報流出が発生した問題で、詳細を明らかにした。

同機構によれば、情報を流出させた職員は、かな漢字変換ソフトやわいせつ画像を検索しており、ダウンロードなども行っていたという。今回の事故で流出したファイルは1万6208件にのぼり、文書ファイルは約1万3000件。同機構に関連したファイルは、ET2007やソフトウェア・エンジニアリング・センター設立3周年記念の撮影画像のみだった。

一方、同職員は2005年7月に同機構へ採用されたが、流出ファイルにはそれ以前に務めていた企業の業務情報が含まれていたことが判明した。詳細について調査が進められているが、10社程度の情報とみられ、個人情報も含まれていた。同機構では詳細が判明次第、関連する企業へ連絡を取り、対策をサポートする方針。

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日テレ、不正アクセスによる情報漏洩で調査報告 - 利用ソフトの開発に落ち度、委託先運用体制にも問題
体制不備を指摘、事後対応では類似被害防止に貢献 - J-WAVE調査報告書
アダルトゲームの通販サイトに不正アクセス - 注文履歴や会員情報が流出
IPA、2009年に発生した職員私物USBメモリの紛失を公表 - 入手した人物からの連絡で判明
個人情報を窃取するスマホアプリ、アフィリエイトを悪用 - 約8000件がダウンロード
米国でiPad所有者のメールアドレス11万4000件が流出のおそれ
「処分内容は適切」 - IPA、漏洩事故の対応について理解求める
情報流出事故で職員に停職3カ月の懲戒処分 - IPA
西武百貨店の従業員情報約6300人分が流出 - IPA職員の流出事故で
職員の私用PCからファイル共有ソフト経由で情報が流出 - IPAが陳謝