Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

店舗が郵送した顧客情報含む入会申込書などが所在不明に - ビームス

セレクトショップを展開するビームスは、茨城県内の同社店舗で顧客から受け付けた会員申込書などが、郵送途中に所在不明になったことを明らかにした。

ビームスアウトレット大洗店において顧客から預かった書類をビームスクラブセンターへ郵送したが、不着となり、紛失したもの。11月16日に店舗従業員が投函したが、11月21日に不着となっていることに気がついた。

所在不明となっている書類は、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別など記載したビームスクラブ入会申込書16人分のほか、氏名や生年月日、電話番号など個人情報を含むポイント付与依頼書15人分など31人分。カード情報など信用情報は含まれていなかった。

同社では、12月に入って警察へ被害を届け、経済産業省へ事態を報告した。今回の事故を受け、同社では全店舗において郵便事故の防止など管理体制の見直しを実施し、再発防止対策に取り組むという。

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
高校で生徒情報含む資料紛失、郵送され判明 - 神戸市
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会