Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの影響で停止したグローバルサイトを再開 - JR北海道

JR北海道は、不正アクセスによる改ざん被害の影響で、一時提供を停止していた一部コンテンツを再開した。

同社では、11月27日に発生した改ざん被害の影響から閲覧者にウイルス感染のおそれがあるとして翌28日よりウェブサイトの提供を停止。安全が確認されたページより順次再開している。

今回、英語や中国語、韓国語により提供している「JR北海道グローバルサイト」について安全が確認されたとしてサービスを再開した。ただし、同サイト内の「北海道レールパス予約ページ」については提供されていない。

また「時刻・運賃検索」「定期運賃検索」「特急列車空席案内」「JR北海道予約サービス」「旅予約サイト」についても依然として提供を中止しており、復旧作業が進められている。

JR北海道
http://www.jrhokkaido.co.jp/

(Security NEXT - 2008/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正