Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む書類を委託先金融機関が紛失 - 雇用・能力開発機構

雇用・能力開発機構が融資業務を委託している2金融機関において、個人情報含む書類の紛失が判明した。

委託先金融機関において個人情報含む書類の紛失が判明しており、それを受けて同機構では金融機関における債権書類の保管状況を点検するよう指示。その結果、今回の紛失が判明した。

所在がわからなくなっているのは、勤労者財産形成直接教育融資の申し込み関連書類で、3人の氏名、住所、電話番号、生年月日、勤務先の情報などが記載されていた。

いずれも誤って廃棄処分したとの報告を受けているという。対象者には、それぞれの関連する金融機関が説明と謝罪を行った。今後も保管状況を定期的にチェックして、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市