Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月はSQLインジェクションが多発 - ソフォスまとめ

ソフォスは、同社の研究機関である「SophosLabs」が2008年11月に検知したウイルスの状況などを取りまとめ、公表した。

同社によれば、大量の「SQLインジェクション攻撃」が発生し、正規サイトへ不正なスクリプトを埋め込む行為を確認しているという。サイトへアクセスした場合、悪質なサイトへ誘導される手口も目立っている。

同社が検知したマルウェアのトップは、マルウェアをダウンロードする「Mal/ObfJs」で全体の40.7%を占めた。「Mal/BadSrc(29.3%)」「Mal/Iframe(18.4%)」が続き、上位3種で約9割弱を占めている。同社が検知したウイルストップ10は以下のとおり。

1位:Mal/ObfJs
2位:Mal/BadSrc
3位:Mal/Iframe
4位:Troj/Fujif
5位:Troj/Unif
6位:Troj/Decdec
7位:JS/Redir
8位:Troj/Pysme
9位:Mal/Pysme
10位:Troj/Iframe

(Security NEXT - 2008/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超