Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都サイトの改ざん、詳細が判明 - 3種類のマルウェアに感染のおそれ

東京都は、運営するウェブサイト「東京都障害者サービス情報」が不正アクセスを受けた問題で、感染のおそれがあるウイルスなど詳細を明らかにした。

都が外部業者へ委託し、運営している同サイトが、12月17日夕方から12月18日午前中にかけて不正アクセスを受けて改ざんされたもの。都では19日に被害を公表し、被害の詳細について調査を進めていた。

都によれば、今回改ざんされたページへアクセスした場合、不正サイトへ誘導され、「TSPY_ONLING.HI」「TROJ_AGENT.AGTU」「WORM_DOWNAD.A」など3種類のマルウェアへ感染するおそれがあったという。

都では、心当たりがあるユーザーに対し、ウイルス感染の確認や駆除を実施するよう注意を呼びかけている。同サイトの提供は現在も中止しており、都では安全確認ができ次第、再開したいとしている。

(Security NEXT - 2008/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起