Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにクロスサイトスクリプティングの脆弱性 - JVNが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターが運営する脆弱性情報のポータル「JVN」は、開発言語「PHP」に見つかったクロスサイトスクリプティングの脆弱性について注意を呼びかけている。

脆弱性が含まれるのは、「PHP 5.2.7」やそれ以前のバージョン。内部フィルタ処理の問題によりエスケープ処理を行う「magic_quotes」の処理が正しく行われないもので、クロスサイトスクリプティングが発生するおそれがる。エラー出力を抑制する設定「display_errors=off」にしている場合は影響を受けないとしている。

脆弱性を解消した「PHP 5.2.8」が8日より公開されており、アップデートやフィルタ処理の設定変更により問題を回避できる。

JVNによれば、脆弱性はインターナショナル・ネットワーク・セキュリティの佐名木智貴氏がIPAへ報告し、JPCERT/CCが開発者との調整を行ったという。

PHPにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性
http://jvn.jp/jp/JVN50327700/

JVN
http://jvn.jp/

PHP
http://www.php.net/

(Security NEXT - 2008/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正