Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにクロスサイトスクリプティングの脆弱性 - JVNが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターが運営する脆弱性情報のポータル「JVN」は、開発言語「PHP」に見つかったクロスサイトスクリプティングの脆弱性について注意を呼びかけている。

脆弱性が含まれるのは、「PHP 5.2.7」やそれ以前のバージョン。内部フィルタ処理の問題によりエスケープ処理を行う「magic_quotes」の処理が正しく行われないもので、クロスサイトスクリプティングが発生するおそれがる。エラー出力を抑制する設定「display_errors=off」にしている場合は影響を受けないとしている。

脆弱性を解消した「PHP 5.2.8」が8日より公開されており、アップデートやフィルタ処理の設定変更により問題を回避できる。

JVNによれば、脆弱性はインターナショナル・ネットワーク・セキュリティの佐名木智貴氏がIPAへ報告し、JPCERT/CCが開発者との調整を行ったという。

PHPにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性
http://jvn.jp/jp/JVN50327700/

JVN
http://jvn.jp/

PHP
http://www.php.net/

(Security NEXT - 2008/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ