Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に1人がネット詐欺被害、4割は原因に心当たりなし - シマンテック調査

シマンテックは、国内の個人ユーザーを対象に実施した「オンライン詐欺に関する実態調査」の結果を発表した。

10月にインターネット利用歴が3年以上の個人ユーザーを対象としてオンライン詐欺に関してアンケートを実施したもの。調査は今回で5回目で、1000人から回答を得た。

インターネットでオンラインショッピングやサービスを利用しているユーザーは84.4%と大半が利用している。決済の中心は70.7%でクレジットカードが中心となっており、利用者も前回調査より増加している。一方でコンビニエンスストアによる支払いやオンラインバンキングの振込は利用する割合が減少した。

一方で、銀行預金の引き出しやクレジットカードの不正使用による被害に対して不安を持つユーザーは88.4%に上り、個人情報やログイン情報の流出が87.2%と僅差で続いた。さらに4人に1人は実際にオンライン詐欺の被害経験があり、流出原因に対して38.9%が原因がわからないという。

ゲームの利用者は全体の2割で、そのうちゲーム利用時にセキュリティ対策ソフトを無効にするユーザーが13.3%に上った。もともと対策を行っていないユーザーを含めると2割が利用していなかったという。またゲーム利用者の1割はRMTを経験者だった。

オンライン詐欺行為の対策に関して正しく理解をしていると回答した人は24.3%で前回より9ポイント減少。「たぶん大丈夫」とする回答も41.9%から33.3%へ縮小しており、オンライン詐欺などに対する不安が拡大していることがわかった。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
4社に3社が全社一貫のインシデント対応計画を持たず
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
高校生の約9割、SNSへの個人情報掲載が危険と認知