Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に1人がネット詐欺被害、4割は原因に心当たりなし - シマンテック調査

シマンテックは、国内の個人ユーザーを対象に実施した「オンライン詐欺に関する実態調査」の結果を発表した。

10月にインターネット利用歴が3年以上の個人ユーザーを対象としてオンライン詐欺に関してアンケートを実施したもの。調査は今回で5回目で、1000人から回答を得た。

インターネットでオンラインショッピングやサービスを利用しているユーザーは84.4%と大半が利用している。決済の中心は70.7%でクレジットカードが中心となっており、利用者も前回調査より増加している。一方でコンビニエンスストアによる支払いやオンラインバンキングの振込は利用する割合が減少した。

一方で、銀行預金の引き出しやクレジットカードの不正使用による被害に対して不安を持つユーザーは88.4%に上り、個人情報やログイン情報の流出が87.2%と僅差で続いた。さらに4人に1人は実際にオンライン詐欺の被害経験があり、流出原因に対して38.9%が原因がわからないという。

ゲームの利用者は全体の2割で、そのうちゲーム利用時にセキュリティ対策ソフトを無効にするユーザーが13.3%に上った。もともと対策を行っていないユーザーを含めると2割が利用していなかったという。またゲーム利用者の1割はRMTを経験者だった。

オンライン詐欺行為の対策に関して正しく理解をしていると回答した人は24.3%で前回より9ポイント減少。「たぶん大丈夫」とする回答も41.9%から33.3%へ縮小しており、オンライン詐欺などに対する不安が拡大していることがわかった。

(Security NEXT - 2008/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も