Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「大阪市政だより」が公園内に放置 - 配布先の個人情報も

大阪市が毎月1日に発行する「大阪市政だより」30件が公園内に放置されているのが見つかった。配達対象となる住民の氏名や住所が記載されていたという。

同市では「大阪市政だより」について新聞折り込みのほか、新聞を購読してない希望者に対して、民間事業者へポスティング業務を委託し、直接配布しているが、12月12日早朝に、旭区城北公園の植え込みに放置されているのを公園近所の住民が発見したという。

同市では今回の事件を受け、関係者に対して職員が訪問し、事情の説明や謝罪を実施している。またほかに配布漏れなどがないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2008/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市