Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎ファイルの制御にも対応した暗号化ソフト - TSS LINK

ティエスエスリンクは、情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Document Ver.4.3」、および同ソフトの一太郎対応用オプションを発売した。

「Pirates Buster for Document」は、OfficeやPDF、テキスト、動画、画像などのファイルに対し暗号化が行えるセキュリティ対策ソリューション。編集や印刷などの利用権限をかけたり、サーバ側でファイルのアクセス状況など一元管理することが可能。また管理者側で閲覧を禁止なども行える。

最新版では、同時発売となる「一太郎オプション」に対応。同オプションを利用することで、一太郎ファイルに対する利用制御が可能となった。

さらにオプションのファイル暗号化ツール「Secure Porter」との連携を実現。同ソフトが管理するファイルを添付ファイルとしてメールで送信する場合や、USBメモリで持ち出す場合に、自己復号型の暗号化ファイルへ変換できる。

(Security NEXT - 2008/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース