Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハとトレンドマイクロが協業、中小企業のセキュリティ強化を支援

ヤマハとトレンドマイクロは、中小企業向けのセキュリティ分野において協業すると発表した。

今回の協業により、ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0」や「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」との連携を実現し、組織内ネットワークのセキュリティを強化できる。

具体的には、ヤマハのルータに新機能「ポリシーチェック機能」が追加されるもので、クライアントPCにおけるセキュリティ対策の有無やパターンファイルの更新状況など確認できるようになる。またポリシーに適合しないクライアントPCについて外部接続をブロックするなど、ウイルス感染や情報漏洩を防止できる。

ヤマハでは、新機能を実現するルータ用ファームウェアを、2009年1月中に同社ウェブサイト上で提供する予定。

(Security NEXT - 2008/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK