Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハとトレンドマイクロが協業、中小企業のセキュリティ強化を支援

ヤマハとトレンドマイクロは、中小企業向けのセキュリティ分野において協業すると発表した。

今回の協業により、ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスターコーポレートエディション 8.0」や「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」との連携を実現し、組織内ネットワークのセキュリティを強化できる。

具体的には、ヤマハのルータに新機能「ポリシーチェック機能」が追加されるもので、クライアントPCにおけるセキュリティ対策の有無やパターンファイルの更新状況など確認できるようになる。またポリシーに適合しないクライアントPCについて外部接続をブロックするなど、ウイルス感染や情報漏洩を防止できる。

ヤマハでは、新機能を実現するルータ用ファームウェアを、2009年1月中に同社ウェブサイト上で提供する予定。

(Security NEXT - 2008/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業