Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「漏れたら大変! 個人情報」を公開 - 対策のポイントを解説

IPAは、個人情報の漏洩事故を未然に防止するためのチェックポイントを取りまとめ、同機構のウェブサイトで公開した。同機構では、「日々の忙しさに紛れて、対策がおろそかになっていませんか」と、あらためて注意喚起を行っている。

今回同機構では、事故を未然に防ぐために、経営者、利用者、ECサイト運営者、システム管理者など、それぞれの立場ごとに5~11項目のチェックポイントを用意。それぞれシンプルでわかりやすい解説を読むことができる。

同機構では、個人情報漏洩事故が発生した場合、単に被害者が困るだけでなく、カード情報の悪用など実質的な金銭被害が発生すると指摘。従業員の情報流出を含め、流出事故が信用毀損や損害賠償など大きな被害を引き起こすとして対策を呼びかけている。

漏れたら大変! 個人情報
http://www.ipa.go.jp/security/kojinjoho/index.html

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市