Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー製品が「CCCクリーナー」をウイルスと誤検知

マカフィーのウイルス対策製品において、政府が提供するボット駆除ツールをウイルスと誤検知する問題が発生した。

総務省と経済産業省が運営し、同ツールを提供しているサイバークリーンセンターによれば、マカフィーが同社製品向けに提供した定義ファイル「DAT5464」において、「CCCクリーナ-」に含まれるウイルス駆除エンジンを、誤ってウイルスとして検知する問題が発生したという。マカフィーでは誤検知を修正したバージョンを提供するとしている。

サイバークリーンセンターでは、問題の定義ファイルを適用した環境で警告が表示された場合についても、「CCCクリーナ-」にウイルスは感染しておらず、安心してほしいと呼びかけている。

サイバークリーンセンター
http://www.ccc.go.jp/

(Security NEXT - 2008/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応
「Windows Defender」が「Yahoo!ツールバー」を誤検知か - 原因調査中
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
「Dr.Web」のスパム対策エンジンに一時誤検知の不具合
ESETでMSDEやグラフィックカードドライバをウイルスと誤検知する不具合
米McAfee、誤検知問題でコンシューマー製品利用者に補償実施 - 日本国内ユーザーへの対応は検討中
マカフィー製品でシステムファイルを誤検知 - ブルースクリーンなど複数症状
「ウイルスセキュリティZERO」で誤検知が発生、起動できなくなる不具合