Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCが盗難、個人の特定はできず - 兵庫医大病院

兵庫医科大学の大学院生が車上荒らしに遭い、同大学病院の患者情報が保存されたパソコンが盗まれた。

12月3日夜、同大学の院生が学会発表データ作成のため個人のノートパソコンに保存して持ち帰った際、帰宅途中に立ち寄ったショッピングセンターの駐車場で車上荒らしに遭い、盗まれたもの。

被害に遭ったパソコンには、患者氏名、患者ID、生年月日、年齢、性別、採血結果データなどが保存されていた。件数は約300件前後と見られているが、紛失したデータに関してほかの記録が残されていないため、対象となる患者の特定や正確な件数の把握は難しいという。

同大学では今回の事件を受け、個人を特定できるデータの持ち出し禁止や暗号化、教育の徹底を実施するとしている。

(Security NEXT - 2008/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院