Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー情報ページが改ざん、閲覧でウイルス感染の可能性 - 情報処理サービス会社

山崎情報産業のウェブサイトが不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされたことがわかった。閲覧者にウイルス感染のおそれがあるという。

13日午後に不正アクセスを受け、サイト内のセミナー情報ページが改ざんされたもので、11月14日に発覚し、同社では同ページの提供を停止した。改ざんされたページを閲覧した場合、ウイルスに感染させる悪質なサイトへ誘導されるおそれがあった。

同社では今回の事件を受け、心当たりがあるユーザーに対し、ウイルス感染の有無をチェックするよう呼びかけている。同ページの再開予定は12月初旬とアナウンスしているが、12日時点ではまだ再開されていない。

(Security NEXT - 2008/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン