Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む作業記録簿を紛失、店舗閉鎖時に誤廃棄か - オートバックス

ダイヤ・バックスが運営するオートバックスエクスプレス129厚木店において、顧客情報約2500件が記載された作業記録簿の紛失が発生した。

所在が不明になっている記録簿には、同店で2003年4月から同年9月の間に車のオイル交換やタイヤ交換を行った顧客のほか、2005年4月から2008年7月の間に同店で車検を行った顧客の一部に関する個人情報が記載されていた。氏名、住所、電話番号、作業内容、車両に関する情報などが含まれており、紛失件数は約2500件に上ると見られている。

同店舗は今年10月31日に閉鎖しており、同社では書類の移管作業中に誤って廃棄した可能性が高いとして、情報が外部に流出したおそれは低いと説明。情報の不正利用などの事実も確認されていないという。同社では、記録簿に記載されていた可能性のある顧客に対し、説明と謝罪の書面を送付する。

(Security NEXT - 2008/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通