Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多摩川競艇のウェブサイトでもウイルス感染のおそれ

多摩川競艇のウェブサイトに不正なスクリプトが埋め込まれていたことがわかった。問題のページを閲覧した場合、ウイルス感染のおそれがある。

ウェブサイト内に設置された掲示板へ、12月8日3時37分から9時45分まで悪意あるスクリプトが埋め込まれたもの。不正なswfファイルにより「Adobe Flash Player」の脆弱性を攻撃するもので、閲覧した場合、不正なプログラムがダウンロードされ、実行されたおそれがある。

サイトの運営は、兵庫県神戸市のトランスワードが行っているが、同社が同じく運営するびわこ競艇のウェブサイトにおいても、まったく同時刻に同様の手口で攻撃を受け、不正なスクリプトが埋め込まれている。同社では、三国競艇や住之江競艇、尼崎競艇、下関競艇についても、メンテナンスのため掲示板を閉鎖した。

同社では心当たりがある利用者に対して、セキュリティ対策ソフトによりウイルスの駆除などを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸