Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻度「緊急」6件含む8件のセキュリティ更新プログラムを公開 - MS

マイクロソフトは、12月度の月例セキュリティ更新プログラム8件を公開した。深刻度が「緊急」のプログラムは6件含まれる。

「緊急」とされる脆弱性は、「GDI(MS08-071)」や「Windows Search(MS08-075)」の不具合をはじめ、「Word(MS08-072)」「Excel(MS08-074)」「Visual Basic 6.0ランタイム拡張ファイル(MS08-070)」「Internet Explorerの累積的な問題(MS08-073)」の脆弱性。いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。

また特権の昇格が発生する「Office SharePoint Server(MS08-077)」の脆弱性や不正にコードが実行される可能性がある「Windows Mediaコンポーネント(MS08-076)」の問題についても、深刻度を「重要」としており今回対応した。

「悪用可能性指標」の面では、「Excel」と「GDI」以外の脆弱性に、安定した悪用コードが生成される可能性がある。なかでも「Visual Basic 6.0ランタイム拡張ファイル」の脆弱性については、すでに脆弱性が一般へ安定した悪用コードが流通しているので注意が必要。

一方、深刻度が「重要」とされる2件のプログラムについては、安定した悪用コードが作成される危険があるものの、攻撃のシナリオが制限されており、被害が発生する可能性は低いという。

2008年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を