Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻度「緊急」6件含む8件のセキュリティ更新プログラムを公開 - MS

マイクロソフトは、12月度の月例セキュリティ更新プログラム8件を公開した。深刻度が「緊急」のプログラムは6件含まれる。

「緊急」とされる脆弱性は、「GDI(MS08-071)」や「Windows Search(MS08-075)」の不具合をはじめ、「Word(MS08-072)」「Excel(MS08-074)」「Visual Basic 6.0ランタイム拡張ファイル(MS08-070)」「Internet Explorerの累積的な問題(MS08-073)」の脆弱性。いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。

また特権の昇格が発生する「Office SharePoint Server(MS08-077)」の脆弱性や不正にコードが実行される可能性がある「Windows Mediaコンポーネント(MS08-076)」の問題についても、深刻度を「重要」としており今回対応した。

「悪用可能性指標」の面では、「Excel」と「GDI」以外の脆弱性に、安定した悪用コードが生成される可能性がある。なかでも「Visual Basic 6.0ランタイム拡張ファイル」の脆弱性については、すでに脆弱性が一般へ安定した悪用コードが流通しているので注意が必要。

一方、深刻度が「重要」とされる2件のプログラムについては、安定した悪用コードが作成される危険があるものの、攻撃のシナリオが制限されており、被害が発生する可能性は低いという。

2008年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
MSのマルウェア対策エンジンに深刻な脆弱性、定例外で修正 - 悪用は未確認
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を