Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲーム「ファンタテニス」公式サイトが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ

ソリッドネットワークスが提供しているオンラインゲーム「ファンタテニス」の公式サイトにおいて、不正アクセスによる改ざんが発生していたことがわかった。閲覧者にウイルス感染のおそれがあるとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、12月8日2時39分ごろ、サイト内のニュースページおよびゲーム起動ページにおいてデータの改ざんが発生。これにより、同日2時39分から5時50分までの間にアクセスした場合、悪意あるスクリプトが読み込まれた可能性がある。

このスクリプトには、Microsoft OfficeやRealPlayerの脆弱性を攻撃するコードが含まれていた。ウイルス感染を引き起こすおそれがあるため、同社では、心当たりのあるユーザーに対しウイルス感染のチェックを行うよう呼びかけている。

同社では、問題が発覚した12月8日5時50分にウェブサイトを停止したが、脆弱性対策を実施し、9日22時よりサービスを再開した。また今回の不正アクセスによる個人情報の漏洩は確認されていないという。

今回の改ざん被害を受け、同社と提携しているハンゲームにおいても、サポートページで情報を公開し、関連するユーザーへ注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始