Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、テレワーク環境へ対応する検疫ソリューションの新版を発売

NTTデータ先端技術は、検疫ソリューション「NOSiDE Inventory Sub System/リモートアクセス管理」を発売した。

同製品は、テレワーク環境などリモートアクセスのPCクライアントに対し、アクセス時にセキュリティ対策状況などを検査、必要に応じてパッチの適用やウイルス対策ソフトの更新などセキュリティ対策を実施できる検疫ソリューション。

最新版では、検疫サーバの動作環境を拡充し、「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」をサポート。仮想化機能である「Hyper-V」上で利用できる。また64ビットのWindowsクライアントについても対応した。

さらに、「Windows Server 2008」がサポートするVPNプロトコル「SSTP」を利用したリモート接続に対応。シンクライアント環境でも利用できる。また「TS RemoteApp」との連携により、提供するアプリケーションの制限を実現。リアルタイム検疫機能により、接続後の設定変更に対しても動的に対応できる。

NTTデータ先端技術
http://www.intellilink.co.jp/

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%