Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、テレワーク環境へ対応する検疫ソリューションの新版を発売

NTTデータ先端技術は、検疫ソリューション「NOSiDE Inventory Sub System/リモートアクセス管理」を発売した。

同製品は、テレワーク環境などリモートアクセスのPCクライアントに対し、アクセス時にセキュリティ対策状況などを検査、必要に応じてパッチの適用やウイルス対策ソフトの更新などセキュリティ対策を実施できる検疫ソリューション。

最新版では、検疫サーバの動作環境を拡充し、「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」をサポート。仮想化機能である「Hyper-V」上で利用できる。また64ビットのWindowsクライアントについても対応した。

さらに、「Windows Server 2008」がサポートするVPNプロトコル「SSTP」を利用したリモート接続に対応。シンクライアント環境でも利用できる。また「TS RemoteApp」との連携により、提供するアプリケーションの制限を実現。リアルタイム検疫機能により、接続後の設定変更に対しても動的に対応できる。

NTTデータ先端技術
http://www.intellilink.co.jp/

(Security NEXT - 2008/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ