Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、オークションによる海賊版販売に対抗 - 被害者向け窓口も

マイクロソフトは、インターネットオークションを悪用したWindowsの海賊版販売に対し、監視活動の強化や啓発活動の実施など対策を強化する。

今回の取り組みは、オークションで流通している不正に偽造されたソフトウェアへの対抗措置で、不正出品者をはじめ、すでに偽造ソフトウェアを購入してしまったユーザーや購入する可能性があるオークション利用者などを対象に施策を展開する。

具体的には、出品者に対し、ヤフーをはじめとするオークション運営会社との連携を強め、偽造ソフトウェアの不正監視を強化。一方、これまでに偽造ソフトウェアの被害を受けたことがあるか、あるいはその可能性があるユーザーについては、2009年1月9日まで電話相談窓口を設置し、対応する。

また一般のオークション利用者向けに「著作権保護サイト」を設置。偽造ソフトウェアの事例や危険性のほか、ソフトウェア製品を出品、購入する際のライセンス上の注意点などを掲載して注意を喚起する。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
正規アプリ起動時に偽画面を最前面に表示、クレカ情報詐取する不正アプリ