Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

嘱託職員からセクハラ相談リストがネット流出 - 早大

早稲田大学の内部情報が記載された資料が、ファイル共有ソフト経由で流出していたことが判明した。

流出したのは、同大「ハラスメント防止委員会室」の内部資料。1999年から2007年にかけて受け付けた職員や学生のセクシャルハラスメントなどに関する相談719件が含まれ、相談内容や関係者の個人情報が含まれる。

嘱託職員が外部へデータを持ち出して作業を行っており、その際にファイル共有ソフト経由で流出したと見られている。インターネットの掲示板へ流出を指摘する書き込みも行われていた。

早稲田大学
http://www.waseda.jp/

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起