Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物12万件をJR梅田駅構内にに放置 - 郵便事業

郵便物を含むコンテナ1台が、JR梅田駅構内に2カ月以上放置されていたことがわかった。社会保険庁が発送した年金特別便4万5000件も含まれるという。

郵便事業によれば、放置されていたコンテナは、郵便事業新越谷支店が、9月23日に新大阪支店へ発送したもので、12万件の郵便物が入っていた。支店-ターミナル間の輸送を担当する委託先事業者において連絡ミスがあり、同社においても十分チェックが行われておらず、放置に気がつかなかった。

郵便事業では、差出人に対して事情を説明した上で謝罪。配達の了承を受けた郵便物については、受取人に対して謝罪した上で届けるという。

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
農林業センサス関連の個人情報を一時紛失 - いわき市
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀