Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物12万件をJR梅田駅構内にに放置 - 郵便事業

郵便物を含むコンテナ1台が、JR梅田駅構内に2カ月以上放置されていたことがわかった。社会保険庁が発送した年金特別便4万5000件も含まれるという。

郵便事業によれば、放置されていたコンテナは、郵便事業新越谷支店が、9月23日に新大阪支店へ発送したもので、12万件の郵便物が入っていた。支店-ターミナル間の輸送を担当する委託先事業者において連絡ミスがあり、同社においても十分チェックが行われておらず、放置に気がつかなかった。

郵便事業では、差出人に対して事情を説明した上で謝罪。配達の了承を受けた郵便物については、受取人に対して謝罪した上で届けるという。

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県
顧客情報含む書類が盗難被害 - 兵庫県の郵便局
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
ふるさと納税のマイナンバーを異なる自治体へ誤送付 - 都城市
不正アクセスによる情報漏洩、会員など最大約6万人に影響 - イベント制作会社
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出
補助金申請事業者の情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京商工会
インシデントへ便乗、JTBのなりすましメールに注意を