Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソフトで原発情報がネット流出 - 日本原電

日本原子力発電の原発に関連する業務情報が、ファイル共有ソフトを通じてインターネット上へ流出したことがわかった。

流出したデータは敦賀発電所の業務関係資料。同社従業員が私有パソコンでデータを利用したことから、インストールされていたファイル共有ソフトを通じて外部へ流出した。同社調査によれば、核物質防護などに関連する機微情報は含まれていかなったという。

11月25日に外部より指摘を受けて流出に気が付いた。同社では詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2008/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
原子力損害賠償の請求書を紛失 - 東電
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
個人情報含む原子力損害賠償請求書を紛失 - 東電