Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なネット環境目指す「Eメール・ウェブ適正利用推進協議会」が設立

日本インターネットプロバイダー協会など業界7団体は、「Eメール・ウェブ適正利用推進協議会(EWPC)」を設立した。

メールやウェブサイトなど、インターネットの利用が拡大する一方、犯罪などに悪用されるケースがあとを絶たず、政府も「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」や「特定商取引に関する法律」の改正など法整備を進めていることから、同協議会では事業者の立場からこうした現状に対応していく。

利用者にとってより安全なインターネット環境を目指すとしており、具体的には、事業者としての立場から法律に対応する自主的なガイドラインを制定したり、業界横断的な啓発活動を展開する計画だ。

発起人となった7団体は、「日本インターネットプロバイダー協会」「日本通信販売協会」「日本ウェブ協会」「日本ネットワークセキュリティ協会」「モバイル・コンテンツ・フォーラム」「ECネットワーク」「日本電子認証協議会」。

(Security NEXT - 2008/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化