Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なネット環境目指す「Eメール・ウェブ適正利用推進協議会」が設立

日本インターネットプロバイダー協会など業界7団体は、「Eメール・ウェブ適正利用推進協議会(EWPC)」を設立した。

メールやウェブサイトなど、インターネットの利用が拡大する一方、犯罪などに悪用されるケースがあとを絶たず、政府も「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」や「特定商取引に関する法律」の改正など法整備を進めていることから、同協議会では事業者の立場からこうした現状に対応していく。

利用者にとってより安全なインターネット環境を目指すとしており、具体的には、事業者としての立場から法律に対応する自主的なガイドラインを制定したり、業界横断的な啓発活動を展開する計画だ。

発起人となった7団体は、「日本インターネットプロバイダー協会」「日本通信販売協会」「日本ウェブ協会」「日本ネットワークセキュリティ協会」「モバイル・コンテンツ・フォーラム」「ECネットワーク」「日本電子認証協議会」。

(Security NEXT - 2008/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業