Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファンクラブの案内メールで個人情報が流出 - 広島東洋カープ

広島東洋カープは、ファンクラブ「ジュニアカープ」の会員案内メールを送信した際、一部で個人情報が流出したことを明らかにした。

11月23日に2009年度の会員応募者へ案内メールを送信する際、メールは583人分にメールアドレスと入力内容にずれが生じたまま送信したもの。氏名や住所、生年月日、電話番号などが流出した。

当初は、自動返信に対応したフォームを利用していたが、受付開始日となった22日にアクセスが集中。急遽、申込フォームを変更し対応していたところ事故が発生した。

同社では誤送信した関係者へ謝罪のメールを送信。メールの削除を依頼している。

広島東洋カープ
http://www.carp.co.jp/

(Security NEXT - 2008/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化