Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ビクターの販促用USBメモリにウイルスが混入

日本ビクターが販売促進のために配布したUSBメモリに、ウイルスが混入していたことがわかった。

ウイルスが混入していたのは、2008年7月から11月にかけて同社が配布したストラップ型のUSBメモリ。同社によれば、緑色、赤色、青色の3種類で1015個が配布されたという。混入したウイルスは、オンラインゲームのアカウント情報を盗み出すトロイの木馬「TSPY_QQPASS.CKS」や「Mal_Otorun1」だった。

同社では、心当たりがあるユーザーに対して使用を中止し、駆除するよう呼びかけている。またUSBメモリについても交換を実施するという。

081128nv.jpg

ウイルスが混入したUSBメモリ(日本ビクター)

(Security NEXT - 2008/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーストサーバ、事故調査委の報告書概要を公開 - 約10年続いた既定外作業が原因
「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
パナソニックのICレコーダー2機種にウイルスが混入
保守作業のミスで市民図書館利用者の個人情報が流出 - えびの市
バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も
ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ
オリンパスのコンパクトデジカメにウイルスが混入
オンラインゲーム「シールオンライン」のパッチにウイルス混入
ドライブレコーダー付属のSDカードにウイルス「MAL_OTORUN2」などが混入