Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービス経由の個人情報漏洩、事故原因で意見わかれる

Googleマップ経由の個人情報流出など、ネット上で提供されるサービスの設定ミスなどに起因した情報流出事故が明らかになっているが、こうした事故の原因についてインターネットユーザーのの意見が二分している。

アイシェアが、20代から40代を中心とするネットユーザーの会員430人を対象に意識調査を実施したところ、事故原因が「サービス提供側にある」と回答したユーザーが4割に上る一方、「自己責任」も4割弱に達している。

調査によれば、インターネット上でスケジュール管理など行えるサービスを利用するユーザーは12.3%。71.7%は個人で利用しているが、24.5%は仕事にも活用している。利用にあたって非公開で利用するユーザーが86.8%と大半だが、公開設定の状況がわからないユーザーも3.8%いた。

設定の問題により一部で発生した個人情報の流出事故について原因を尋ねたところ、デフォルト設定が公開となっていることが原因とした回答者が44%と最も多かった。一方で設定内容の確認を怠ったことを挙げるユーザーも37%と意見がわかれた。

(Security NEXT - 2008/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に