Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービス経由の個人情報漏洩、事故原因で意見わかれる

Googleマップ経由の個人情報流出など、ネット上で提供されるサービスの設定ミスなどに起因した情報流出事故が明らかになっているが、こうした事故の原因についてインターネットユーザーのの意見が二分している。

アイシェアが、20代から40代を中心とするネットユーザーの会員430人を対象に意識調査を実施したところ、事故原因が「サービス提供側にある」と回答したユーザーが4割に上る一方、「自己責任」も4割弱に達している。

調査によれば、インターネット上でスケジュール管理など行えるサービスを利用するユーザーは12.3%。71.7%は個人で利用しているが、24.5%は仕事にも活用している。利用にあたって非公開で利用するユーザーが86.8%と大半だが、公開設定の状況がわからないユーザーも3.8%いた。

設定の問題により一部で発生した個人情報の流出事故について原因を尋ねたところ、デフォルト設定が公開となっていることが原因とした回答者が44%と最も多かった。一方で設定内容の確認を怠ったことを挙げるユーザーも37%と意見がわかれた。

(Security NEXT - 2008/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件