Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルフォトフレーム製品の同梱CD-ROMにウイルス - 日本サムスン

日本サムスンが販売するデジタルフォトフレーム製品の同梱CD-ROMに、ウイルスが混入していたことがわかった。

ウイルスに汚染されていたのはCD-ROMに収録されていた「Frame Manager」。同ソフトはデジタルフォトフレーム全機種に同梱されているが、同社によれば、9月28日から11月17日までに生産された一部製品に含まれるWindows XP用「同Ver.1.08」にウイルスが感染していたという。

同社では、10月21日にダウンロードサイトで公開した「Frame Manager Ver.1.08」について、ウイルスの混入を公表したが、その際、製品に同梱されたCD-ROMについては感染のおそれがないとアナウンスしていた。

感染するおそれがあるウイルスは「W32.Sality.AE」で、実行ファイルへ感染して拡散し、不正ファイルなどをダウンロードする。同社では心当たりがあるユーザーに対して、ウイルスの駆除を実施するなど対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、システムをロックダウンしてマルウェア侵入を防ぐソフト最新版
「Flash Player」更新アラート装いマルウェア感染狙う不正広告が拡散 - 「ニコ動」でも掲載
バッファローDLサイト経由で感染するマルウェアが判明 - JUGEMやH.I.S.と同じトロイの木馬
GMOペパボ、「JUGEM」のブログ管理者や閲覧者に注意呼びかけ - ネットバンク情報窃取のおそれ
非正規品の「Office」によるトラブルが増加 - マルウェア混入リスクも
人気動画ダウンローダーにDDoS攻撃用コンポーネント - 国内利用者も多数
AmazonのAndroidアプリストアに偽アプリが混入 - 無線LANクラックアプリ装うも単なる広告
デスクトップPCのドライバディスクにウイルス混入 - レノボ
アンラボ、韓国政府の委託で開発した不正Androidアプリの配布を防ぐ新製品 - 組込用ソリューションも提供
FFR、ソフト開発ベンダーやCSIRT向けのマルウェア解析ツールを発売 - 混入調査や挙動解析を実現