Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDS、Validityへ「ハイブリッド指紋認証方式」を独占的にライセンス供与

ディー・ディー・エスは、PC向け指紋認証センサー開発大手の米Validityへ「ハイブリッド指紋認証方式」を独占的にライセンス供給すると発表した。

「ハイブリッド指紋認証方式」は、DDSが名古屋工業大学大学院と開発した周波数解析法を用いる独自の指紋認証エンジン「UB-safe」と「マニューシャアルゴリズム」の組合せた認証技術。登録率や照合性の高さなどを特徴とする認証技術として、同社が今年1月に発表した。

今回のライセンス契約により、Validity製センサーを採用しているHPやAcerのほか、ノートPCメーカーへ採用される見込みで、DDSではクライアント/サーバソフトウェア製品「EVE」のシェア拡大につながると判断したという。両社は4月に業務提携し、共同でテストマーケティングを実施していた。

(Security NEXT - 2008/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
ラトックシステム、Windows Hello専用の指紋センサーを発売
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
横河レンタ、指紋認証を実装したPCのレンタルサービス
サンワサプライ、持ち運びも簡単な小型指紋リーダー
DDS、FIDOに準拠した認証サービスを提供
中国銀のネットバンクアプリ、iPhoneの指紋認証に対応
JSSEC、「Android 6.0」に対応したセキュア設計ガイド改訂版