Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報なしで決済できる「高速匿名認証技術」 - 東芝ソリューション

東芝ソリューションは、携帯電話やICカードに実装できる匿名認証を実現する「高速匿名認証技術」を開発した。

今回同社が開発したのは、個人情報などを提供せずに匿名で認証が行える技術。グループ署名方式を利用しており、署名速度の向上やデータのコンパクト化など、従来の課題を解決した。オンラインショッピングなどの分野へ応用することが可能で、利用者は決済にあたって個人情報を提供する必要がなくなり、事業者も機密情報の保有リスクを排除できる。

オンラインショッピングで利用する場合は、利用者は事業者に対してカード会社から発行されたメンバー鍵で匿名認証を行うだけでよく、事業者は署名情報をカード会社へ決済情報として送信することにより、カード会社側で利用者の特定および決済処理を行う。

同社によれば、署名の生成や検証速度は世界最速で、署名生成に利用するメンバー用の鍵についても世界最小のデータサイズを実現。実装も単純な演算処理の組み合わせだけで行えるため、携帯電話やICカードといったプラットフォームへの実装も可能だという。

また事業者における失効者の確認については、従来のグループ署名方式では、失効者が発生した場合、利用者すべての署名生成鍵を更新する必要があるなど運用が難しかったが、新技術では管理者が匿名の失効者リストを配布するだけで対応できる。

081126ts.jpg
利用者はカード情報など提供せずに署名を行うだけで決済できる

(Security NEXT - 2008/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験