Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末でのコピーや貼り付けも防止するDLP製品 - シマンテック

シマンテックは、情報漏洩対策ソリューションの最新版「Symantec Data Loss Prevention 9.0」を発表した。国内では2009年前半に発売を予定している。

同製品は、PCに保存された機密データを検出し、外部機器へのコピーやダウンロードなどを防止するDLPソリューション。データの流出防止機能にくわえ、ポリシー違反の状況を確認したり、自動通知機能による不正操作を行ったユーザーへの注意喚起も行える。

最新版ではデータの検知機能を強化。端末における機密情報のコピーや貼り付けのほか、印刷やファックスを禁止することが可能。組織のネットワークに接続していない間に、メールやメッセンジャー経由による情報漏洩を防止できる。

また同社製品である「Symantec Endpoint Protection」「Symantec Backup Exec System Recovery」とエージェントを管理を統合できるほか、「Symantec Brightmail Gateway」との連携によりマルウェアやスパム、情報漏洩など、メール向けのセキュリティ対策を統合できる。

シマンテック
http://www.symantec.com/ja/jp/

(Security NEXT - 2008/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み