Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

路上で作業車の窓ガラス割られ、端末など盗まれる - 東京ガス子会社

東京ガスは、ガス温水システムの修理や点検業務を委託している同社子会社において、顧客情報を記録した端末や書類などを盗まれたと発表した。

11月19日にキャプティ・ライブリックの作業用車両が横浜市青葉区内の路上で車上荒らしの被害に遭ったもの。作業車は施錠されていたが、助手席側の窓ガラスが割られ、氏名や住所、電話番号を記録した業務用携帯端末をはじめ、ガス温水システムの点検作業票や使用中の領収書冊子など、手さげ袋ごと持ち去られたという。

端末や書類には、あわせて29世帯分の情報が含まれ、氏名や住所、電話番号、使用機器、領収書番号など記載されていた。端末内のデータは暗号化されていたという。

同社では被害当日に警察へ届けており、翌日午後に被害現場近くで手さげ袋や点検作業票、領収書が発見されたが、端末や現金は見つかっていない。同社では関係者に対して個別に連絡し、事情を説明、謝罪したという。

(Security NEXT - 2008/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院