Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール暗号化ソフトにパスワード通知の保留機能など追加 - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、ゲートウェイ型メール暗号化ソフトの機能を強化した最新版「FENCE-Mail For Gateway V01L02」を、12月1日より発売する。

同製品は、ゲートウェイを経由する送信メールの添付ファイルを自動で暗号化するメールセキュリティソリューション。

今回の機能強化では、受信者へあらかじめ設定した時間経過後に、自動でパスワードを通知する機能を追加。パスワードを通知するまでに受信者へメールの着信を確認することで、誤送信へ対応できる。

このほか、各ユーザーが暗号化ルールを設定できるようになったほか、暗号化対象外のメール送信ログを保存する機能を追加した。価格は、100メールアカウントまでの最小構成で50万円。

(Security NEXT - 2008/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり