Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール暗号化ソフトにパスワード通知の保留機能など追加 - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、ゲートウェイ型メール暗号化ソフトの機能を強化した最新版「FENCE-Mail For Gateway V01L02」を、12月1日より発売する。

同製品は、ゲートウェイを経由する送信メールの添付ファイルを自動で暗号化するメールセキュリティソリューション。

今回の機能強化では、受信者へあらかじめ設定した時間経過後に、自動でパスワードを通知する機能を追加。パスワードを通知するまでに受信者へメールの着信を確認することで、誤送信へ対応できる。

このほか、各ユーザーが暗号化ルールを設定できるようになったほか、暗号化対象外のメール送信ログを保存する機能を追加した。価格は、100メールアカウントまでの最小構成で50万円。

(Security NEXT - 2008/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品